効果が期待できるアトピー改善術~体内から症状を改善~

健康によい油

薬を持つ人

DHAは生体が生きていく上で欠かせない必須脂肪酸の1つです。必須脂肪酸には大きく分けて多価不飽和脂肪酸、一価不飽和脂肪酸、飽和脂肪酸があります。多価不飽和脂肪酸にはDHAとEPAがあり、脂ののった魚に多く含まれています。これらの成分は脳に良い、血液をサラサラにするなど効能が注目されています。一価不飽和脂肪酸はオリーブオイルなどに多く含まれており、こちらも健康増進作用に注目が集まっています。飽和脂肪酸は動物性の食品に多く、ラードやヘッドなど、常温では固体です。とりすぎは血液をドロドロにしてしまい、動脈硬化からの脳梗塞や心筋梗塞などのリスクを上昇させます。すべて生態に必要な油脂ですが、偏りなく食べることが大切です。

DHA、EPAは1日1gとるのがよいといわれています。週3回、サンマや鰯などの脂ののった魚を食べるのがよいです。しかし、多価不飽和脂肪酸は酸化しやすいという性質を持っているため、抗酸化作用のあるビタミンCやEなどとともに摂取するのがおすすめです。レモンを絞って食べたり、ゴマ和えを一緒に食べたりしましょう。また、油がいいので、グリルで油を落とすばかりではなく、たまにはフライパンで焼いて油ごと摂取するのもよいでしょう。お刺身もおすすめです。しかし、現代の食生活は欧米化しており、魚をあまり食べないという方も多いです。DHAは魚以外にはほとんど含まれていません。そういう方はサプリメントで不足分を補いましょう。ただし、サプリメントはあくまで補助として使い、なるべく食品でとるのが基本です、また、サプリメントは過剰摂取に注意し、1日の摂取量を守りましょう。食の欧米化が叫ばれる現代ですが、健康ブームが高まっていることも確かです。魚の摂取が増えるかどうかはともかく、DHAの必要性はますます叫ばれるでしょう。そのため、DHAのサプリメントの需要は増えると考えられます。